「歴史に生まれた歴史の男」が新たな一歩を踏み出した。日本ボクシング連盟の会長を永年務め、日本ボクシング界の発展に貢献してきた山根明は2019年9月3日、大阪市内で記者会見を開き、新団体「WYBC(WORLD YAMANE BOXING CHAMPIONSHIP)」の創立を語った。

WYBCは、フリーで活動を続けたり、年齢などの理由から既存の団体に受け入れられなかったり、リングの広さが違う“非公認”の団体に属するボクサーにも門戸を開き、本当に強い者だけがチャンピオンとなる。

山根はこんな思いを込める。

「若い世代に教育の一環として、ボクシングを指導することは必要。そのために、独立団体を立ち上げることはできると思った。僕が死んだ後でも、いつかこの新団体からオリンピック選手が生まれたら、『男・山根』が本当に歴史になる。残りの人生をこの団体で、若い世代に賭ける。僕の名前を、後世にきちっと残してほしい」

WYBCは世界に挑戦する選手たちの参加を待っている。

WYBC世界ヘビー級チャンピオン高橋知哉インスタグラム

まだ記事がありません。